photo by Tokihiro Sato / Chiaki Orita

2019/3/28・29 東京藝術大学 取手キャンパス

牧田 沙弥香 修了作品展示 「色の間」

3月29日 豊島彩花によるパフォーマンス・遊び​

光の遊び場

杉皮の色、反射する外と中の色が空間の色をつくる

青、緑、黄色はどこから来るか 白は光なのか、黒は何もないのか 色は光が見せる錯覚なら、

その目眩を楽しむのはマヌケみたいだけど 遊びはいつだって馬鹿げていて、

遊び場がそれを許す

(「色の間」作家による作品キャプション )

個人的にでよいのだろう、
晴れていたって曇りだってこの場所では
みえる空間の色がある。

眼を近づけないと見えないこともないけれど

近づけて見たっていい。
手を伸ばして 皮膚に差し込む色にかえて見たっていい。
それを 堂々と そんな遊びのような時間を、

自分は必要としていたり

その機会を作家が色の間で許してくれた。

(豊島彩花によるパフォーマンス キャプション)